記事一覧

最終のご案内(10月21日開催 第6回シンポジウム)

ファイル 166-1.jpg

テーマ「司法部を巻き込んだ小沢一郎攻撃」
—小沢一郎議員と3名の元秘書に対する裁判の動向—


               記

日   時   平成23年10月21日(金)午後6時  開場
                       午後6時半 開会

場   所   豊島公会堂
         〒170-0013 東京都豊島区東池袋1−19−1 
        TEL:03−3984−7601

講   師   衆議院議員   石 川 知 裕  氏(予定)
        同       川 内 博 史  氏
        同       辻     惠  氏
        参議院議員   森 ゆ う こ  氏
        評 論 家   植 草 一 秀  氏
        日本一新の会代表
        元参議院議員  平 野 貞 夫  氏

ゲ ス ト   元大阪高検公安部長  三井 環  氏

参加費(含む資料代)  お1人様 1,000円

 

本年9月26日、小沢一郎議員の元秘書3名に対する政治資金規正法違反被告事件について、東京地裁の登石郁朗裁判官により判決が言い渡されました。

驚いたことに、世間の予想をくつがえし、3名全員に対して有罪判決が宣告されました。

判決は、有りもしない小沢一郎議員と建設業界との金銭的癒着関係と、有りもしない水谷建設からの1億円の献金を妄想した挙げ句、だから秘書達は、4億円の金額を虚偽に記載したものと断定したのです。

又、西松建設についても、正当な政治団体をダミーと決めつけ、西松建設の献金なのに、ダミーの献金として虚偽記載した、と断定したのです。

判決は、そもそも、検察が起訴してもいない水谷建設の献金についてまで判断をし、それを根拠にして元3秘書を有罪としたものです。

本来、他の国家権力から独立して司法権を行使すべき裁判官がかくも行政権力におもねる理由は、一体何なのでしょうか。

それはとりも直さず、現在の司法部が、最早司法の独立を自ら投げ捨て、積極的に行政権、官僚に協力しているということに尽きます。

私達が自由、権利の最後の拠り所としていた裁判所までが私達の権利、自由を侵害し、かつ、国権の最高機関である国会あるいは国会議員に対する侵害を行なっている状況は、完全なるファシズムと言わざるを得ません。

私達は、このような日本の現状に大きな危機意識をもって対処しなくてはなりません。

私達としては、最早、裁判の経過を傍観しているだけでなく、国民の大きな運動のうねりで裁判所をとり囲み、無法な判決を書かせないための国民的運動を展開してゆかなくてはならないと考えます。

そのような目的で当会の第6回シンポジウムを開催することにしました。

多くの方々をお誘い合わせの上、奮って御参加下さい。

今回も又、日本一新の会との共催と致します。