記事一覧

【世話人情報】  孫正義社長の記者会見に行ってきました

ファイル 146-1.jpg

世話人の山崎です。

昨日金曜日(4月22日)午後8時より汐留のソフトバンク本社で「自由報道協会」開催の孫正義社長の記者会見に事前登録して参加してきました。

今回は記者だけでなく一般の人にも開放されましたが、これは孫社長の要望とともに我々が主催した4月16日の「小沢一郎氏とフツ―の市民座談会」が関係しているのかも知れません。

参加者は全部で60-70人位でした。

以下でUst映像が見れますのでご覧ください。

http://www.ustream.tv/recorded/14195781#utm_campaigne=synclickback&source=http

今回の記者会見はいわゆる記者会見ではなく、孫さんが私財10億円をだして今年中に立ち上げる「自然エネルギー財団」設立の趣旨と彼が考える「政策転換の転換に向けて」を詳細に説明する講演会でした。

「エネルギー政策転換に向けて」は大手マスコミが伝えない情報を集めて孫さんがまとめた基本資料で大変良くできています。

孫正義氏が脱原発=自然エネルギーへの転換の大きな動きの中心になるのは間違いないでしょう。

問題は孫氏の提案を受け止めて実現できる政治家の選択を間違わないことです。

孫氏は大震災と福島原発大事故を目の前にして「無知はしょうがない。しかし一旦知って何ら動かないのは犯罪だ」と何回も繰り返されました。

孫さんの固い決意は、小沢一郎氏との座談会で私が感じた小沢氏の「相当の危機感」と「相当の覚悟」と全く同じものです。

▼ 質疑応答

説明の後に孫さんと会場との質疑応答の時間があり最後の方で私も「ブロガーの山崎です」と名乗って質問をしました。

Ust映像では1時間38分50秒のところから見れます。

「自由報道協会」のスタッフが「意見は良いから質問をしてください」と迫ってきましたので、どこまで伝わったかわかりませんが

私が言ったことは以下のことです。

①大震災と原発大事故の二つの国難に加えて菅首相が政権にしがみついていることこそ第三の国難である。

②孫さんの「エネルギー政策転換に向けて」の提言は菅首相に提案しても「いいとこどり」されるか無視されるかしかない。

③我々「ネットメデイアと主権在民の会」は先日「小沢一郎氏とフツ―の市民・座談会」を企画しUstで配信し10万以上のアクセスを獲得した。

④孫さんの提言こそ小沢一郎氏に提案すべきである。孫さんは小沢氏と連携すべきである。

これに対し孫氏は「政治に直接かかわることができませんがまあこうゆうことで頑張りましょう」とかなり当惑された様子で答えておられました。

私の印象としては小沢氏との連携の感触は良かったとい思います。

それにしても、日本の記者会見では自分の意見を言わないで質問だけする事に誰が決めたのでしょうか?

TVで石原慎太郎都知事の定例記者会見を見ていますと、質問する記者があたかも天皇に質問する時のように尊敬語を使って馬鹿丁寧に差し障りないことを聞いているのが当たり前になっています。

記者が自分の意見を言わずにあるいは隠して相手に短い質問し相手が答え、自分たちに都合の用用に編集して報道するという日本独特の「記者会見スタイル」はもう変えたほうがよいと思います。

(終わり)

【世話人情報】 被災地の女子高生からの手紙

世話人の山崎です。

福島県南相馬市の女子高生から送られてきた悲痛なメールが飯山一郎氏のブログにアップされています。

彼女は国に怒っています。

私達は・・・見捨てられました。おそらく福島は隔離されます。完全に見捨てられます。国に殺されます。私達、被災地の人間はこの先ずっと被災者を見捨てた国を許さないし恨み続けます。

彼女は政治家に怒っています。

政治家はお給料でも貯金でも叩いて助けて下さい。彼らの贅沢をやめて被災者を生きさせて下さい。命令ばかりしないで安全な場所から見てないで現地で身体をはって助けてください。

彼女はマスコミに怒っています。

テレビでは原発のことが放送されなくなりつつあります。同じ津波の映像やマスコミの心ないインタビュー。口先だけの哀悼の意。被災を『天罰』と言った政治家(注:石原慎太郎都知事)。

彼女は我々に訴えています。

そしてその人を今よりもっと大切にして下さい。今、青春時代をすごす学校が遺体安置所になってます。体育や部活をやった体育館にはもう二度と動かない人達が横たわってます。どうしたら真実を一人でも多くの人に伝えられるのか・・・。一人でも見て貰えれば幸いです。考えた末、勝手ながらこの場をお借りしました。ごめんなさい、そしてありがとうございます。

(転載開始)

■被災地の女子高生からの手紙

2011/04/20 飯山一郎のLittle HP

被災地の女子高生からの手紙

■ 真実

助けてください
福島県南相馬市の
女子高校生です

わたしは友達を津波で
なくしました
私の友達は
両親をなくしました
私の無二の大親友は
南相馬でガソリンが
ないため避難できずにいます

電話やメールでしか
励ますことしかできません

親友は今も放射能の恐怖と
戦ってます

だけどもう、諦めてました

まだ16なのに
死を覚悟してるんです
じわじわと死を感じててるんです

もし助かったとしても
この先放射能の恐怖と
隣り合せなんです

政治家も国家も
マスコミも専門家も
原発上層部も全てが敵です
嘘つきです

テレビでは原発のことが
放送されなくなりつつあります
同じ津波の映像や
マスコミの心ない
インタビュー
口先だけの哀悼の意
被災を『天罰』と言った政治家

政治家はお給料でも
貯金でも叩いて助けて下さい

彼らの贅沢をやめて
被災者を生きさせて下さい

命令ばかりしないで、
安全な場所から見てないで、
現地で身体をはって助けてください

私達は・・・見捨てられました
おそらく福島は隔離されます

完全に見捨てられます
国に殺されます

私達、被災地の人間は
この先ずっと
被災者を見捨てた国を、
許さないし恨み続けます

これを見てくれた人に
伝えたいです

いつ自分の大切な人が
いなくなるかわからないです
今隣で笑ってる人が
急にいなくなることを
考えてみてください

そしてその人を
今よりもっと大切にして下さい
今、青春時代をすごす
学校が遺体安置所になってます
体育や部活をやった
体育館にはもう二度と
動かない人達が横たわってます

どうしたら真実を
一人でも多くの人に
伝えられるのか・・・
一人でも見て貰えれば幸いです
考えた末、勝手ながら
この場をお借りしました
ごめんなさい、そして
ありがとうございます

(終わり)

【世話人情報】 作家伊集院静氏の怒り”コイツらみんな戦犯だ”

世話人の山崎です。

仙台の自宅で自ら被災した作家伊集院静氏は写真週刊誌「フライデー」4月22日号で今回の大震災と福島原発第事故に際して見せた「人間のクズたち」 の悪行・愚行を一刀両断しています。

至極もっともな怒りの表明だと思いますので以下にご紹介します。

(「大人の流儀に反するヤツラ」(Friday4/22日号)より転載)

①まず許せないのは投機家たちだ。世界は狂っている。これほどうち砕かれた国家に対して、まづうあつらは円を買うという仕打ちに出た。それを受 けて世界各国が協調してえんを守るために市場に介入したわけだけれども、結果、投機家たちの懐には目論見どおり10兆円、20兆円というカネが入っ た。

これはもぷ金融犯罪だろう。こいつらを死刑にするのが国際法じゃないのか?こいつらに打ち込むためにミサイルはあるんだ。

また、それを平然と”常識では 想定しうる動きだ”などと語っていた金融コメンテーターも絞首刑にすべきだと思う。こいつらには心とか精神といった軸がない、ただのカスだ。

②次に許せなかったのは、物資の買い占めに走った東京の人々。今回のことで良くわかったのは、もう東京にはコミューンがないということ。ほとんど の東京人は、、今いる場所に仮住まいをしているだけなのだ。自分さえよければいいという発想で、コンビニに走った者は己を恥じたほうがいいね。警視庁はコンビニのビデオ
を解析して、買占めをしたやつらを捕まえるべし。

③次、計画停電に一言。こんな状況なのだから、個人の暮らしに我慢は必要であろう。ただし、言っておくぞ。東電、計画停電なんて適当な言葉でごま かすんじゃない!これは強制停電だ。だいたい病院や公の施設で必要な電力の供給までを止める権利が、たかだか一企業にあるのか?停電プロジェクトの計画者と実行者に禁固20年以上、だな。

④ そして原発について。私は日本のこの危険な原発の体制を生んだのは国民だと思っている。長期間、選挙で自民党に政権を与え続け、東電の体質を 見過ごして来たのは誰であろう自分たちなのだ。ゆえに今後、私は世界一放射能に汚染された国土に生きる覚悟をしよう。ただ、これ以上虚偽の情報に振り回されるのは勘弁
してもらいたい。

大体、最初から非常に高レベルの自己であることはわかっていたはずだ。それをさも大丈夫、念のために、みたいな言いようで情報を 小出しにし、さらに、東電から仕事、カネをもらっている学者ばかりがテレビに出て、雇用主をかばうようなコメントを並べ立てているのが気に喰わない。

⑤ 学者は、自身の研究結果と考えうるすべての可能性を語るのが筋であろう。”この数値の放射線を浴びればこれだけの健康被害の危険性があります”と、なぜ一人も言わない?もしそれが市民の不安をあおると批判されてたとしても、学者たろうという人がいないことが残念だ。”すぐには影響ない?”ではい つからどんな影響が出るのか。彼らも有罪である。

⑥テレビメディアにも呆れる。なぜ御用学者ばかり起用しているのか。さらに報道姿勢についても問い質したい。災害時、特に初動時に必要なの は、”どのような災害であったか””いかなる救援が必要か”の両建ての報道だと考える。今回のような繰り返し津波の映像だけを流すのはショックの垂れ流しだ。

彼らはなぜ、行方不明者を救うための報道を考えなかったのだろう?津波の後、現場へのアプローチの方法は他になかったのか。彼らがもう少し頭と体を使ったら、 もっと助かった人がいたのではないだろうか?もし彼らがそこに気が付いていないとしたら、メディアとして失格である。

⑦次に有名人。寄付金の額まで言うのはやめた方がいい。海外のエセチャリティーの真似をし、個人名や会社名を他人に知らしめようという輩も多いように思う。本当に卑しい。・・・でもたくさん出してるやつはえらいが。うん、えらい。

⑧視察に来て眠ったいた副大臣、問答無用で死刑。 【注:東祥三内閣府副大臣(防災担当)】

⑨ 最後に菅直人。なぜ日本がきちんと話せないのか。被災地の人に、”頑張ってください”とは何なんだ?”水はないけど頑張ってください”と言っているのか?行政の長としての正しい日本語は”水はすぐ持ってゆくので頑張ってください”だ。もうこいつは公開処刑だな。

⑩ 東北はかならず再生する。その理由はこれまで何度津波に襲われても彼らは再生してきたからだ。理屈ではない。彼らの強さは歴史が証明している。

(転載終わり)

【世話情報】 菅首相と福山副官房長官などの取り巻き政治家達は人間のクズだ

世話人の山崎です。

菅首相は4月2日に地震と津波で壊滅的な打撃を蒙った陸前高田市を訪問しました。

週刊朝日4・15日号の記事「もっと不都合な真実」によります

と、当初宮城県石巻市を視察する予定だったが、松下政経塾出身の

福山哲郎官房副長官が「小沢さんのお膝元で一番被害が大きい場所

に行って徹底的に潰す。菅さんの大きさを見せつける」と主張して陸

前高田市に変更させたとのこと。

菅首相と福山副官房長官などの取り巻き政治家達は人の不幸を利用し

て小沢氏の地元の突き崩しを図るとは人間のクズだ。

(終わり)

【世話人情報】 座談会視聴者からのメールご紹介No2

世話人の山崎です。

先週土曜日(4月16日)の「小沢一郎氏とフツ―の市民・座談会」はニコ動とAPF通信でライブ中継されました。

まだ映像を見られていない方は下記のURLで見れますので是非ご覧ください。そして家族・友人・知人の皆さんに広く情報拡散してください。

ニコ動: 

http://live.nicovideo.jp/watch/lv46671523?ref=grel

APF通信: 

http://www.ustream.tv/recorded/14060013/highlight/165539

▼ 現時点でのアクセス数

ニコ動:  94,729

APF通信: 3,697

計:98,426

このほかブロガーの方がたが映像をご自分のブログに貼り付けて発信してくれています。

▼ 座談会に参加した原正寛さん宛ての応援メール

 以下に全文を転載させていただきますのでお読みください。
________________________

 副島隆彦の学問道場を通じて、応援メッセージをいただきました。シェアさせていただきます。(原正寛さん)

(メール転載開始)

16日に小沢一郎氏の座談会がある事を、副島先生のHPの掲示板で見かけ見たかったのですが、どうしても家にいる事ができない状況で残念に思っていたのですが、UPしてあるとの事で早速見させていただきました。

私は、学問道場に参加しているわけではないのですが、船井幸雄先生を信頼し、船井先生の著書で副島先生を知って、著書も何冊か読ませていただきました。

副島先生の率直で理論的なご意見が信頼できると思い、時々HPを見させていただいていました。

特に震災直後は掲示板に日参して、副島先生の行動を応援しつつ見守っています。

そのおかげで、今回の座談会の様子を見る事が出来て、とても感謝しています。
ありがとうございます。

先週後半から、小沢さんの話題がTVの画面に出るようになりました。
流れが決定された事項でないと流さないのが日本のTVだとおもいます。
ようやく管総理を下ろし、小沢さんが前に出てくる、と言う事なのだと思いました。

私自身は、特に小沢さんと言う政治家に思い入れはないのですが、今、日政治家を見たとき、何かしら少しでも期待できるのは小沢さんくらいかな、と漠然と思います。

そして、司会の方がおっしゃってましたが、小沢さん自身、いよいよ行動を起こす事にしたのだろうと思えました。

皆、もう気が付いていると思うのですが、もう、誰かにどうにかしてもらうなんて甘い事は通用しない事態になっています。
自分が出来ることを考え、見極め、どんどんやっていかなければ行けない時期だと思います。

今回座談会を見させていただき、小沢さんだけでなく、あの場にいた皆さんから、それを感じました。

私も、私に出来ることで行動していくつもりです。

これからも、副島先生と先生に賛同された学問道場の皆さんを応援しています。

ありがとうございました。

________________________

(終わり)

ページ移動