記事一覧

小沢一郎議員に対する控訴審無罪判決についてのお知らせ

【 小沢一郎裁判、高裁でも無罪判決、無罪確定へ 】

 本年11月12日、小沢一郎議員に対する陸山会事件の控訴審判決(政治資金規正法違反事件)が言い渡されました。

 主文は、「本件控訴を棄却する」ということで、東京地裁第1審無罪判決が維持されました。

 判決は、第1審とほゞ同じく、陸山会に対する4億円の「貸付金」、平成16年に購入した土地代金の支払いを、それぞれ収支報告書に記載しなかったこと等は違法としたものの、小沢一郎議員には記載しなかったことについての違法性の認識(記載しないことが違法であることを認識していたこと)が無かったことを無罪の理由としました。

 更に高裁判決は、3人の秘書についても、平成16年の代金支払を平成17年の収支報告書に記載したこと(いわゆる期ズレ問題)について、違法性の認識が無かった、という突っ込んだ判断をしています。

 そもそも、小沢一郎議員が秘書に交付した4億円は陸山会に貸付したわけではなく、又、土地の所有権移転登記手続が平成17年に行なわれている以上、代金支払の事実を平成17年の収支報告書に記載したことが違法とは言えない(そのことは証人として出た弥永筑波大教授の証言でも明らかである)のであるから、違法性の認識が有る、無いに関わらず無罪の筈です。

 しかし、1審も2審も、そこまでの事実認定はしませんでした。

 高裁判決において、3人の秘書の違法性の認識も認めなかったことから、11月14日に始まった3人の秘書の控訴審裁判には、少なからぬ(良い)影響を与えることが期待されました。

 しかし、11月14日の第1回公判では、弁護人が申請した水谷建設がらみの1億円の授受を否定する証拠が不採用となり、早くも暗雲が立ちこめています。

 この3年間にわたる民主党政権の裏切り、お粗末さによる政治の崩壊、民主々義の破壊を思うと、小沢一郎議員の無罪判決を素直に喜べないのが本心です。

 3人の秘書を含め、小沢一郎議員に対する冤罪が完全に晴らされた時こそ、私達が心から笑える時だと思います。

 私達としては、それ迄引き続き闘いを継続してゆかなくてはならないと思います。

 尚、11月17日付朝刊の報道によると、3名の指定弁護士は高裁判決に対して上告しない方針であるとのことです。

 ごく当然のことながら、それが事実であるならば大変喜ばしいことです。


【 年内集会は見送り 】

 本年11月12日の無罪判決を受け、当会では年内に小沢一郎議員をお招きして「無罪報告集会」を開催する予定でした。

 ところが、御承知のとおり石原都知事の突然の引退によって12月16日には都知事選が行なわれ、又、野田阿保総理の錯乱によって、11月16日国会解散、年内総選挙の日程が入ってしまったゝめ、年内政治的な集会を開催することは不可能となりました。

 このため、当会では、各種選挙が終了し、政局が一段落した来年1月以降に、小沢一郎議員を支援する会の運動の総括を込めて、無罪判決報告集会を開催することにしました。

 ロクでもない民主党政権のお陰で、日本はメチャクチャにされておりますが、一刻も早くマトモな政党の躍進によって、建て直しをして貰うほかありません。

 私達も一層の努力を続けたいと思っておりますので、引き続き温かいご支援をお寄せ下さるよう宜しくお願い致します。


小沢一郎議員を支援する会
  代表世話人   伊  東   章

【世話人情報】 小沢一郎元民主党代表「ニコニコ生放送」出演

事前のご案内をしておりましたが,11月3日(水)午後4時からネット放送局「ニコニコ生放送」「小沢一郎ネット会見~みなさん​の質問にすべて 答えます!」に小沢一郎元民主党代表が出演されました。

小沢氏は90分にわたって下記の4名のゲストと視聴者からのメールによる様々な質問に歯切れよく答えておられ、代表選以来の元気な姿に安心しまし た。

角谷浩一 ジャーナリスト (司会)

神保哲生 ジャーナリスト

江川紹子 ジャーナリスト

小菅信子 山梨学院大学教授

まだ見ていない方は下記のURLで見れますのでぜひご覧ください。ただし事前の会員登録が必要です。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv31110371

この番組のライブ中継を視聴した人は約14万人、その後録画を視聴した人が約6万人計約20万人が視聴しています。

日本の総人口1億2770万人ですでの613人に一人が見たことになり画期的な注目度です。

今回の番組は大手マスコミにも取材が開放されていて彼らはスタジオ内で取材していましたが、翌日彼らが報じたのは「小沢一郎氏国会での説明拒否を ネット番組で明言」のみです。

小沢氏が語った「自立と共生」の国家ビジョンや日本の民主主義確立のための方策など一番重要なことは一切報道していません。

大手マスコミのこのような「取材はするが報道せず」あるいは「取材はするが報道は偏向」の態度はもはや許されないでしょう。

「国民の知る権利」を保障するのはもはや権力に取り込まれ特権を享受し「大本営発表」報道を垂れ流す大手マスコミではなく、なんの生活保証もなく自己犠牲的に活躍している田中龍作氏や岩上安身氏や林正克氏や上杉隆氏などの「本来のジャーナリズスト」だということがはっきりわかります。

フリージャーナリストの田中龍作氏が昨日付けのブログに取材記事をアップされましたので以下に全文転載させていただきます。

(転載はじめ)

▼ 小沢氏緊急ネット会見 視聴者が質問をぶつけた 田中龍作氏

2010年11月03日  田中龍作ジャーナル

http://tanakaryusaku.seesaa.net/

記者会見では仏頂面で最低限のことしか語らない小沢氏だが、インターネット中継では90分に渡って縦横無尽に語った。

(3日、ニコニコ動画スタジオ=東京・麹町=。写真:筆者撮影)

  国会招致に応じるのか、応じないのか。世の注目を集める小沢一郎・元民主党代表が久々に公の場に姿を現した。3日、インターネット生中継でお なじみの『ニコニコ動画』の討論番組に出演し、視聴者(ネットユーザー)の質問に答えた。

 質問は番組放送中メールで寄せられた。のっけから胸元に剛速球が投げ込まれた―

問い:『ニコニコ動画』に出るより国会(政倫審、証人喚問)に出る方が先ではないか?

小沢:一年余に渡る検察の強制捜査の結果、不正はないということで不起訴になった。ただ検察審査会が「法廷で明らかにすべきだ」という議決を出した。

 もう裁判手続きに入っている。司法府で取り上げていることを立法府が色々議論するのは3権分立の精神にもとる。政倫審や証人喚問は基本的に秘密 会だが、裁判はすべて公開。   

『ニコニコ動画』はすべてオープン。視聴者も質問できるし、僕も意見を言える。

問い:岡田幹事長から「政倫審か証人喚問に出てください」と言われたらどうするか?

小沢:岡田君一人で決めることではない。問題を明らかにするには裁判が一番いい。

問い:岡田幹事長と『ニコ動』で対談してはどうか?

小沢:民主党のなかで対立しているように見られる恐れがある。

 小沢氏は政倫審、証人喚問への出席について、これまで新聞・テレビで伝えられているように拒否する姿勢を示した。
 
 番組後半は与党経験が長い小沢氏ならではの識見が披露された―

問い:日中関係をどう見ているか?

小沢:僕が政府の責任者だったら船長を釈放しない。中国に対しても、ロシアに対しても日本政府の主張をはっきりしなければいけない。僕は中国首脳 に「何千年の歴史の中で尖閣諸島は中国の領土になったことは一度もない。あれは琉球王朝の領土だった」とはっきり言った。筋論を通せば中国は何も言わない。

ゴルバチョフにも「日本は一度もソ連とは交戦していない。お前のところが日ソ不可侵条約を破って勝手に攻め込んできたんじゃないか」と言ってやっ た。ゴルバチョフは何も言わなかった。

問い:TPP、FTAは推進すべきか?

小沢:僕はTPP推進論者。自由貿易で一番特をするのは日本。ただ農業だけじゃなく金融も何もかも対象に入る。セーフティーネットを設けずに無防 備に開けたら皆やられる。

問い:雇用はどうすればよいか?

小沢:雇用のシステムができていない。小泉政権で(労働法律を改悪し簡単に解雇できるようにしたため)雇用がガタガタになった。大企業ほど酷い。

 財政均衡を重視しがちだが、必要な時は赤字国債を発行することになっても積極的な経済政策を取った方がいい。
    
問い:なぜ民主党は政権交代を託した国民の期待に応えきれていないのか?

小沢:とにかく無駄が多い。財務省の言う通りにして「一律一割削減」なんてやってたら無駄なんてなくならない。

政治家が腹を決めて「俺が責任を取るから」と役人にリーダーシップを示さないから、役人が動かない。政治不信が募りどの政党も国民の信任を得なく なったりすると

極右・極左が台頭したりする。
    
 小沢氏は予定の1時間を30分もオーバーして語った。記者会見では仏頂面で必要最低限のことしか話さない小沢氏の意外な一面がのぞいた。

 「政局の人」のイメージが付きまといがちだが、国家はどうあるべきかを知り抜いている。説明も分かりやすい。インターネット生中継の普及があと 2年早かったら、ここまで日本の政治は混乱していなかっただろう。

(転載終わり)

(終わり)

【世話人情報】 昨日夜ニコニコ生放送で【「検察」のなぞ、「検察審査会​」のふし ぎ】が放送されました。

下記のリンクで録画が見れますのでご覧ください。

なおニコニコ生放送を見る場 合は無料登録が必要です。

映像開始まで4分くらいかかります。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv30840620

出演者は次の通りです。

司会;角谷浩一(コネクター)

郷原信郎(元検事、現弁護士)

落合洋司(元検事、現弁護士)

保坂展人(社民党前衆議院議員)

有田芳生(民主党参議院議員)

平沢勝栄(自由民主党衆議院議員)

須田慎一郎(ジャーナリスト)

【世話人情報】 ≪緊急案内≫ 本日午後4時から小沢一郎元民主党代表がニコニコ生放送に出演されます。必見です。

▼ ニコニコ生放送 小沢一郎ネット会見~みなさんの質問にすべて答えます!

http://live.nicovideo.jp/gate/lv31110371

ニコニコ生放送 小沢一郎ネット会見~みなさんの質問にすべて答えます!

(番組ID:lv31110371)

【会場のご案内】2010/11/03(水) 開場:15:50 開演:16:00

小沢一郎民主党元代表への質問を募集しております。

出演者:

小沢一郎(元民主党代表)

角谷浩一(ジャーナリスト)

野中尚人(学習院大教授)

神保哲生(ジャーナリスト)

江川紹子(ジャーナリスト)

小菅信子(山梨学院大学教授)

政治ジャーナリスト角谷浩一氏の司会進行のもとジャーナリストの神保哲生氏や江川紹子氏らが出演して小沢氏に質問をぶつけるとともにユーザーのみなさんからの質問も受け付け小沢元代表に回答してもらいます。

(終わり)

【世話人情報】 評論家副島隆彦氏の投稿記事

ネット世論のオピニオンリーダーのお一人である評論家副島隆彦氏が「小沢一郎議員を支援する会」が10月25日に行った「東京第 五検察審査会」への抗議文・質問状提出行動に関して、ご自分のブログ【気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板】に記事を投稿 されています。

副島隆彦氏は文章の最後に「こ の 法務省=最高裁判所=検察庁の中の東大法学部を出た、アメリカの手先どもが操(あやつ)る 制度である 検察審査会 という インチキ国家組 織に、正面から 面会を求めて 乗り込んでいった 伊東章(いとうあきら)氏ら、国民有志の人々自身による 正確な記録である。この内容から、私たちが 学ぶ、知る、ことはたくさんある。」と書かれています。

以下に全文を転載させていただきますのでお読みください。情報拡散をお願いします。

■ 検察庁の中の 検察審査会 に 面会を求めた人々の記録を載せます

投稿者:副島隆彦 【気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板】

投稿日:2010-11-02

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

副島隆彦です。 小沢一郎を 強制起訴(きょうせいきそ)することを決定した、と、メディアが一斉に報道し、日本政治(当然、国会が中心)も、そ のことをまるで当然のこととして 動いている。 

菅直人首相の民主党執行部も、自民党も、小沢一郎と彼を強く支持する 私たち国民勢力のことを、全く無視して、自分たちが、日本国の政治の中心で あり、アメリカと連携しながら、上手に国家の運営をやっている、と虚勢を張っている。この化けの皮は、必ず剥(は)がれる。 

「小沢一郎を強制起訴した」とされる、検察審査会 なる 組織の 奇妙さは、この法律が、アメリカの主導で、2009年に そそくさと、法律改正 が行われ、「裁判員制度の導入」という、これもまた、裏のある怖ろしい、裁判制度の改悪と軌を一にして、実行された。そのうち載せるが、当時の 法務大臣だった 保岡興治(やすおかおきはる)自民党衆議院議員でさえ、 「おかしな法改正であった」と、最近、発言している。

 以下に載せるのは、 この検察審査会なる 奇妙な国家機関が、検察庁が、この2月に決定した 小沢一郎への不起訴 と、さらに 再度、不起訴に したのに、無理やり、おかしな行動に出て、正体不明の人間たち の異議申し立てで、杜撰(ずさん)を通り越す、異常な事務手続きを経て、「強制基礎」なる決定を行った。 これには、最高裁判所と法務省が内部で 決断を下(くだ)し、人事面からも動いていることが分かってきた。 

おそるべき 制度腐敗を起こしている 法務・司法官僚たちの中の、アメリカ帰りで、完全にアメリカに脳を侵されている者たちの、超エリートたちの  うごめきが見られる。 彼ら 売国奴たちの人生の 姿が、じょじょに焙(あぶり)だされ、全体像が見えてきて、彼らの人間としてのあさましい本性(ほんしょう)が暴かれ、その末路がだんだん見えてきた。 彼ら 対米従属官僚として育て られた者たちの大きな連携の様子 と構造 までが、露(あら)わになりつつある。

 このアメリカに巡礼(ピルグリメッジ)して飼育されてきた 1.各省のトップ官僚たちと連合する、 2.経団連(けいだんれん という大企業の トップ連合)の中の同じくアメリカに飼育されて育てられた大企業サラリーマン幹部たち(「財界人」、「実業家」などと呼べるような連中ではない。官僚の片割れの民僚=みんりょう=である)と、さらに、前述した二種類と 同じくアメリカの手先の片 割れである、 3.大新聞・大テレビ局連合(NHKを入れて11社)と さらに、4.自民党と菅直人派民主党 が野合して、小沢一郎は犯罪容疑者だ、という、恐るべき真実捏造(ねつぞう)の、虚偽報道と虚偽政治をやっている。  

 この者たちは、すこしは恥を知る、ということを知ったら(自覚したら)どうか。 自分たちが満天下で公然と行っている、その謀略政治 が、この まま 国民政治として、ずっと続けられると思っているのか。

いくら次の米大統領になると、同じくイカサマ政治で決まっている ヒラリー・クリントンとの連携が出来ているから、大丈夫だ、と自分たちでは思い 込んでいても、それでも、世界政治の大きな流れの中で、彼らは、天罰を受ける。もう大きな真実は露見している。覆(おお)い隠(かく)すことはできない。 

 以下に載せるのは、この 法務省=最高裁判所=検察庁の中の東大法学部を出た、アメリカの手先どもが操(あやつ)る 制度である 検察審査会  という インチキ国家組織に、正面から 面会を求めて 乗り込んでいった 伊東章(いとうあきら)氏ら、国民有志の人々自身による 正確な記録である。 この内容から、私たちが学ぶ、知る、ことはたく さんある。今は、これだけを以下に載せます。

副島隆彦拝

(転載貼り付け始め)

阿修羅(あしゅら)掲示板 の 中から

 2010年10月25日(月) 午前10時、検察審査会の決定に疑問を持つ20名は 「東京検察審査会」の長瀬(ながせ) 事務局長と手嶋(て しま)総務課長と面会する。主なやり取りを以下に引用する。

 「1.伊東(いとう)代表が新たな質問書(添付資料参照)を提出。11月15日までに前回のように電話ではなく文書による回答するよう何度も念 を押して要請。

手嶋総務課長の回答:それはわかりません

2.今回フリージャーナリスト林克明氏が取材のために参加されましたが、取材写真を取ろうとしたところ事務局側は強行に拒否。

「写真撮影禁止」を繰り返すのみで写真撮影禁止の根拠は一切明かさず。

3.我々の質問:東京第一審査会事務局長と東京第五審査会事務局長にお会いしたいが会えるか?

東京第一審査会事務局長の長瀬氏が名乗り出たが名刺はくれず。東京第五審査会事務局長は伝田(でんだ)という人だが「席を外している」ために今回 も面会できず。

4.我々の質問:長瀬さんは一番奥の席に座っている。東京第一審査会事務局長とともに東京検察審査会全体を統括している事務局長ではないのですか?

長瀬事務局長しぶしぶ認める。「全体の事務局長ですが第五検察審査会に命令する立場ではない」と我々が聞いていない事をなぜか強調した。

5.我々の質問:長瀬さんと手嶋さんは検察からの出向ですか?

長瀬事務局長の答え:自分も手嶋健総務課長も裁判所出身で検察からの出向ではない

7.我々の質問:検察審査会事務局の職員は検察からの出向ですか?

長瀬事務局長の答え:検察審査会の職員は全員裁判所の職員で検察からの出向者ではない

8.我々の質問:ここの大部屋には3つの机をT字に並べたグループがいくつか配置されていますがこれは第1から第六までの検察審査会だと思われま す。第五検察審会事務局の場所はどこですか?

長瀬事務局長の答え:お答えできません

9.我々の質問:小沢氏起訴相当の第二回目議決をした11人の審査員の平均年齢が最初30.9歳、二回目33.91歳、三回目34.55歳と三回 も訂正されました。計算間違いをした事務局員はだれですか?

長瀬事務務局長の答え:お答えできません

10.我々の質問:20歳以上の日本人の平均年齢は54歳位です。平均年齢34.55歳のグループが出る確率は0.012くらいで現実には不可能 です。検察審査会はわざと若い人を選んだんではないのですか?

長瀬事務局長の答え:お答えできません

11.我々の質問:審査補助員の吉田弁護士が選任されたのが9月7日と言われていますが、正確な日にちはいつだったのですか?

手嶋総務課長の答え:個別審査の案件ですのでお答え出来ません。

12.我々の質問:小沢氏起訴相当の第二回目議決は9月14日になされたと言われていますが本当ですか?

手嶋総務課長の答え:そうです

13.我々の質問:小沢氏起訴相当の第二回目議決が9月14日になされたが公表されたのが10月4日です。なぜ20日間も議決が伏せられていたの ですか?

長瀬事務局長の答え:お答えできません

このような長瀬事務局長と手嶋総務課長の「国民を完全にバカにした対応」に参加者全員怒り心頭でした。」(記事から)


このやり取りに怒りの収まらない参加者の一人が居残り長瀬事務局長と手嶋総務課長に約1時間半嫌がられつつ質問をしたという記事も阿修羅に載って いる。いまこの阿修羅の話題は小沢一郎のことで持ちきりなのである。居残りの参加者は自らを市民Tと名乗っている。 

2010年10月26日 の  阿修羅掲示板の 記事から

 「一市民T「"1回目の審査員選出は事務局が選択的に選んだ。2回目は選出を行わなかった"と確信している。」(ブログに書いたストーリーを説 明した)

長瀬「それは貴方の見方だ。法に従って処理している。私達はやましいことは一切していない。」

一市民T「多くの国民は、法に違反したことをやったのではないかと思っている。」

長瀬「(報告した内容は)事実です。やましいことはしていない。」

一市民T「事実などと言えないはず。あなたは審査員選出の現場を見たのか。議事しているところを見たのか。違反していないのなら、第5審査会事務 局担当者が、どのようにして審査員を選んだのか、そしてどのような議事をして議決に至ったのかを証拠を提示しながら明らかにすべきだ。国民に説明 する責任がある。」

長瀬「選出には立会人が立ち会っている。」

一市民T「第5審査会事務局長と担当者と補助審査員が結託したら、選出しないで済ませることが容易にできる。これなら、議決は簡単に創作でき る。」

長瀬「......」(無言)

一市民T「読売新聞記事によると、"9月7日に吉田審査補助員が就任。14日議決した"とある。この間、平日は4日しかない。10月までに議決す ると言っていたのに、どうして短期間に一気に決めることになったのか?
集中的に何度も11人の審査員を集めるのは難しいのでは?
この4日で、膨大な検察捜査資料の説明を、素人の審査員に理解させ、議論をさせ、結論をまとめあげられるとは到底考えられない。」

長瀬 「審査会は、読売記事の内容を公表していない。」(疑問には答えない)

一市民T「"審査会関係者の話では"となっている。読売が嘘の記事を書いたのか。」

長瀬「読売に確かめてほしい。」

一市民T「"審査補助員が決まらないので、議決が10月に延びる"と報道していた。審査補助員を決めるのにそんなに長い時間がかかるのか?」

長瀬「審査会では、そのようなことを公表していない。」

一市民T「多くのメディアがそのような報道を流している。これも嘘というのか。」

長瀬「......」(無言)

一市民T「5~7月は審査会を開かなかったのでしょ?」

手嶋「そんなことはできません。他案件の審査もあるので。」

一市民T「申し立て書を持ってきても、第5検察審査会は小沢案件で一杯など、適当な理由をつけて、他の審査会に回すこともできますね。どこの審査 会でも受付けられるということを確認しました。」

手嶋「......」(無言)

一市民T「1回目6回のくじ、2回目5回のくじで11人を選び、平均34.55歳を選び出す確率はきわめて低い。2度目の選出でも、 34.55歳と小数点2桁まで同じ値になった。このように数字が全く同じになる確率は天文学的に小さい。発生することはありえないということだ。」

長瀬「実際にそうなった。私達はやましいことはしていない。」

一市民T「貴方は報告だけで確認しているので、報告をもって事実とは言えないはずだ。担当者は審査員データを創作することぐらいいとも簡単だ。担 当者が使った資料を提示して説明しなければ納得できない。」

長瀬「私達はやましいことはしていない」(これの一点張り)

一市民T「事務局の説明では、"平均年令計算を選出時期別に、別の担当が行った。一人の担当者は就任年令で、もう一人の担当者は議決年令で計算し た"と言っているが、その通りか。」

手嶋「その通り。」

一市民T「すると、6人全員が5月1日~9月14日までの間に全て誕生日を迎えたとしても、最大で0.54歳(6÷11)しか上がらないはず。そ れにしては、年齢差0.64(=34.55-33.91)は大きすぎて辻褄が合わない。」

手嶋「いや、外の理由も......」(しどろもどろだ)

一市民T「年令だけでも、公表できないのか?」

 長瀬「できない。」

一市民T「会議議事録は見せられないのか?」

手嶋「会議議事録はない。議事録を作らなければいけないという法律上の規約がない。」

一市民T「議事録がないと、次の会議が進められないのでは。職務上とるのが当たり前だ。」

手嶋「......」(無言)

一市民T「審査員には日当を払っているはず。支払の帳簿を見せてほしい。名前を隠してもらってもいい。」

長瀬「見せられない。」

一市民T「第5審査会事務局局員が不正を行ったため、検察審査会全体への不信が大きくなっている。不正を行ったものを自首させるべき。放置してお くと、貴方だって、監督責任等を問われますよ」

長瀬「......」(無言)

一市民T「少数の事務局員と補助審査員の画策で、大々的な操作で不起訴になった案件を強制起訴にしてしまったと見ている。これは重大問題だ。事実 が明らかになるまで、何度も追及する。」

<検察審査会を訪問して感じたこと>

 大部屋に、第1から第6検察審査会事務局の6つのブロックが並んでいた。
どこのブロックが、問題の第5検察審査会かあきらかにしなかった。また、伝田(?)第5検察審査会事務局長は、2.5時間の間、席に戻らなかっ た。

カウンター越しに事務局局員が全て見える前での、長時間の対話だった。

一市民Tは声が大きいので、局員全員に全ての会話が耳に入る状況だ。仕事どころではないだろう。誰かが、「うるさくて仕事ができない」「不正とは 何事か」などと怒り出しても良さそうだが、咳としてその声もない。

一番不思議だったのは、"局員が大きな不正をしている"とこちらが断定しているのに、対応した責任者が怒らないことだ。 小沢事務所の方、民主党議員の皆様も、直接事務局に出かけ、事実確認と抗議をしてほしいと思う。

( 転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝

(終わり)

ページ移動