記事一覧

2/18登壇者変更「翁長沖縄と共に闘おう!」東京大集会

すでにご案内している「翁長沖縄と共に闘おう!」東京大集会の登壇者が、国会審議等の関係で変更になりましたのでお知らせいたします。

日  時  平成28年2月18日(木)午後6時~9時
場  所  豊島公会堂
       〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-19-1
       TEL:03-3984-7601

講  師        白井  聡 氏(政治学者、京都精華大学専任講師)
      山崎行太郎 氏(文芸評論家)
      前泊 博盛 氏
       (沖縄国際大学大学院教授、元琉球新報編集長)
      南丘喜八郎 氏(月刊日本主幹)
      沖縄県選出国会議員
       照屋 寛徳 氏
       玉城デニー 氏
       仲里 利信 氏
    二見 伸明 氏(元運輸大臣)
      平野 貞夫 氏(元参議院議員)
      辻   惠 氏(元衆議院議員)
(メッセージ参加)
  小沢 一郎 氏(衆議院議員、生活の党代表)
  糸数 慶子 氏(参議院議員)  
  翁長 雄志 氏(沖縄県知事)
  赤嶺 政賢 氏(衆議院議員)

演  奏  午後5時45分~ 沖縄県出身のピアニスト・歌手による
      出演:仲村渠(なかんだかり)真紀さん
         真壁 康子さん

資 料 代  1,000円
受付方法  当日会場にて
      (事前申込不要 定員数になり次第受付終了)

(改訂)2/18「翁長沖縄と共に闘おう!」東京大集会

※内容を改訂しています(2/8時点)。

 昨年9月には、安倍政権による安保法の強行採決がなされ、12月24日には、高浜原発の再稼働が福井地裁で決定されました。

 安倍反動政権による反国民的、戦争政策により、益々日本を取り巻く状況はキナ臭くなっています。

 その中で、沖縄辺野古基地建設をめぐる動きも慌ただしくなっており、沖縄県民の闘いも盛り上がっています。

 このような状況の中で、私達本土の人間が、沖縄県民の闘いを支援し、辺野古基地建設を阻止することは、安保法廃案のための闘いと同様に重要な課題です。

 このため、今般、生活の党代表の小沢一郎議員と沖縄県選出の国会議員等をお招きし、辺野古基地建設阻止のための一大キャンペーンを展開したいと思い、下記のとおりの企画をしました。

 本年7月には、参議院議員選挙が行なわれますがこの選挙で野党連合が勝利するためにも、沖縄県民との堅い連帯をすることが必要だと思います。

 是非多数の方にご参加頂きたくご案内します。


             記

日  時  平成28年2月18日(木)午後6時~9時

場  所  豊島公会堂
       〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-19-1
       TEL:03-3984-7601

講  師  小沢 一郎 氏(衆議院議員、生活の党代表)
      白井  聡 氏(政治学者、京都精華大学専任講師)
      山崎行太郎 氏(文芸評論家)
      前泊 博盛 氏
       (沖縄国際大学大学院教授、元琉球新報編集長)
      南丘喜八郎 氏(月刊日本主幹)
    ※ 翁長 雄志 氏(沖縄県知事)(メッセージ参加)
      沖縄県選出国会議員
       照屋 寛徳 氏
       赤嶺 政賢 氏
       玉城デニー 氏
       仲里 利信 氏
    ※ 糸数 慶子 氏(メッセージ参加)
      二見 伸明 氏(元運輸大臣)
      平野 貞夫 氏(元参議院議員)
      辻   惠 氏(元衆議院議員)

演  奏  午後5時45分~ 沖縄県出身のピアニスト・歌手による
      出演:仲村渠(なかんだかり)真紀さん
         真壁 康子さん

資 料 代  1,000円
受付方法  当日会場にて
      (事前申込不要 定員数になり次第受付終了)
                             以 上

「翁長沖縄と共に闘おう!」東京大集会実行委員会
連絡先 「小沢一郎議員を支援する会」
TEL03(3981)2411 FAX03(3985)8514

12月4日のお詫び

 いよいよ師走を迎えましたが、皆様にはお変りございませんか。

 扨て、本年12月4日に予定していた小沢一郎議員をお迎えしての当会のシンポジウムは、予定していた沖縄県翁長知事と小沢一郎議員の都合が折り合わず、残念ながら延期せざるを得ませんでした。

 当会では、事前に延期のご案内を当会ブログに掲載させて頂きましたが、当日の中止を知らずに、多くの方々が会場に来られたとのことを知り、大変申し訳なく考えております。

 今回は、各支援グループがすべてブログで拡散したために、中止のご連絡もブログでしか行なえなかったため、多くの支援者の方々に大変なご迷惑をお掛けしてしまい、心からお詫び申し上げます。

 年明けには是非素晴らしい企画を準備させて頂きますので、どうか小沢一郎議員に免じてご容赦下さいますよう、重ね重ねお詫び致します。

12月4日シンポジウム延期のご案内

 そろそろ本格的な冬の訪れを感じる頃となりましたが、皆様にはお変りなくお過ごしのことと存じます。

 さて、当会では小沢一郎議員をお招きしての本年12月4日のシンポジウムを予定しておりましたが、残念ながら諸般の事情により延期することに致しました。

 来年の参院選に向け、野党連合の構築が急務となっている折、その中心的役割を担っている小沢一郎議員にとっては、年末年始に向けて極めて過密なスケジュールに追われ、どうしても調整がつかないとのことです。

 沢山の皆様に大変な期待を寄せて頂いたのに誠に残念ですが、出来れば来年改めてとびきりの企画を用意して開催したいと考えています。

 急な変更で大変申し訳ありませんが、どうか事情をご理解の上、ご容赦頂きたいと思います。

 小沢一郎議員からも、皆さんには呉々も宜しくお伝え頂きたい、とのことです。

 尚、次回の予定期日及び詳細については、今後のお知らせをお待ち下さい。

小沢一郎議員が吼える 「国民のための政権を奪取しよう」 12.4小沢一郎対談集会に結集しよう!

 安倍反動政権は、衆参での強行採決により憲法違反の安倍法を成立させ、いよいよ日本の軍国主義化への道を走り出しました。

 同時に、TPP交渉の大筋合意、原発再稼動、辺野古基地建設強行等々、次々と対米従属政策を推し進め、日本国民の生命と財産をアメリカに売り渡そうとしています。

 これを放置するならば、最早日本国民はアメリカとコングロマリットの奴隷に甘んじなくてはなりません。

 この流れを阻止するためには、来るべき参議院議員選挙あるいは総選挙において、自公政権に代る野党が勝利する必要があります。
今回の安保法制に反対した多数の市民の声も、又、それを強く望んでいます。

 いち早く「オリーブの木」構想を提唱している小沢一郎議員が、久し振りに豊島公会堂で政権交代の構想を吼えます。

 どうか多数お誘い合わせの上、ご出席下さい。


            記

日  時  平成27年12月4日(金)午後6時~9時
                   開場 午後5時30分
場  所  豊島公会堂
      〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-19-1 
      TEL:03-3984-7601
講  師  小 沢 一 郎 氏(衆議院議員、生活の党代表)
      白 井   聡 氏(政治学者、京都精華大学専任講師)
                           その他多数
資 料 代  お一人 1,000円  
受付方法  当日、会場入口受付にて
     (予約不要、定員数に達し次第終了)
                             以 上


連 絡 先  主権者フォーラム(旧小沢一郎議員を支援する会)
      03-3981-2411(伊東法律事務所内)